新着情報

「再生可能エネルギーの普及に向けた連携と協力に関する協定」を鹿児島市と締結いたしました

2021.2.26

お知らせ

新電力の九州エナジー株式会社(本社:鹿児島市鴨池新町、代表取締役社長 田島浩彦 以下:弊社)は、株式会社ナンワエナジー(本社:鹿児島市東開町、代表取締役社長 川畑佑及び日本瓦斯株式会社(本社:鹿児島市中央町、代表取締役社長 津曲貞利)と連名で、「再生可能エネルギーの普及に向けた連携と協力に関する協定」を鹿児島市と締結いたしました。

 

地球温暖化対策の推進に関する法律では、都道府県及び市町村は、その区域の自然的社会的条件に応じて、温室効果ガスの排出の抑制等のための総合的かつ計画的な施策を策定し、及び実施するよう努めるものとされています。こうした制度も踏まえつつ、昨今、脱炭素社会に向けて、2050年二酸化炭素実質排出量ゼロに取り組むことを表明した地方公共団体が増えつつあります。

 

本協定は、鹿児島市が2050年二酸化炭素実質排出量ゼロに表明したことを受け、鹿児島市域における二酸化炭素実質排出量ゼロ(以下、ゼロカーボンシティかごしま)の実現に寄与することを目的とし、以下の事項について連携及び協力いたします。

 

1)再生可能エネルギーの普及啓発に関すること

2)再生可能エネルギーの導入拡大に関すること

3)再生可能エネルギーの地産地消に関すること

4)市域のレジリエンス強化に関すること

 

今後、この協定によるゼロカーボンシティかごしまの円滑な推進を図るため、4者で定期的に協議を行ってまいります。